自動車部的用語集

新語ができ次第随時更新予定!
ここに紹介された用法容量が正しいことを意味しているとは限りません。

・小人 : 車から聞こえる異音。「マフラーで小人が花火してる」

・SST : 斉田・スーパー・ツール。特大鉄ハンマーからデフイニシャル測定器まで何でもござれ。

・スパークロスレンチ : クロスレンチを改造した特殊工具。主に日産FR車のミッションに使用。

・日出子の日 : 近所のデンコードの特売日のこと。ただしスピンドルのCD‐RとDVD−Rメディアしか買わない。

・ラパン : ガレージに遊びにくるネコ。

・ハイビスカス・3WAY : 純正ビスカスデフをシム増ししてイニシャル値の高いデフのこと。主に日産車。

・ボロビア : 1万円のボロシルビア。

・スコポン : スポコンではなく少しポンコツな車。

・選択肢のあるゲーム : 女のコがからまないと成り立たないゲーム。萌えるゲーム。ex)○望

・萌えないごみ : 面白くないゲーム。ex)△色

・シムる : ボロビヤ現象が起きること。

・あんですと〜 : 新作の萌えるグッズ等が発売されたとき。

・おいきなさい : お逝きなさいのこと。全体で行動する時の合図。

・バンパーリップ : 壊れるもの。他の車種から流用するもの。

・シャシブラ塗装 : 黒い車限定の手抜き塗装。

・パテモリーズ : へこんだ外装を直す人たち。ex屋根パテ

・7年ローン : 車を衝動買いするひと。

・シムカー : ステッカーを貼りまくるくるま。

・自動車部価格 : 通常市場より金額の0の数が1〜4コ少ないこと。または値引き交渉の合言葉。

・今日どこ行く・なにする : 夜な夜な行動する人たちの合言葉。たいてい寝ないで次の日授業を受ける。

・Hパーティー : 格安の素で作るホットケーキを食べる会。

・パスタパーティー : 格安パスタを食べながらドラテクビデオ鑑賞会をすること。

・ラチル・召還 : 後輩・先輩を無理やり連れまわすこと。

・にごり湯・にごる : FFドリフトチームのこと。またFドリをすること。

・ひまだー : 授業をさぼること。

・ガレージ率 : ガレージにいる割合。なぜか家が遠いほど高い。

・大竹技研 : OS技研が語源。足場パイプを溶接してマフラーを作る。

・まつり : 誕生日の人を奉ること。単に祝って飲み会。

・バリ溝 : スリップサインが出ていないタイヤのこと。

・Sタイヤ : 空気が3〜4キロ入ったスタットレスのこと。主にFR車のリヤタイヤ。

・ぺト・ペト裏 : ガソリンスタンドのペトラスのこと。その裏通りが集合場所になったりする。

・シューター : シューティングスターばかり車でかかる人。

・無期限レンタル : ほぼあげること。たまに返還をせまられる。

・MP3 : 最近のはやってるカーオーディオの記憶形式。

・高級志向 : 無駄に高級な部品をつぎ込む人。

・でっかい弟 : わがままで困った先輩。

・鏡面 : 部品をやたら光らせる。

・ビビリミッター : 怖くてそれ以上アクセルをあけないこと。

・汗リミッター : 手に汗を握るほど危険な状態。

・デンジャーボーイ : 危険な走行をする後輩。いい訳をして言うことを聞かない。

・ボンバーマン : 新入部員と初めての交流の場。「先輩弱いっスね」が名言。

・まぼい : 素敵な部品のこと。

・ドリップ : ドリフトでもグリップでもない中間を走る方法。

・みずほ先生 : メガネをかけた数学講師。再履修者多数。

・悪そう : 見た目がいかつい車。羽が生えること多数。

・とりあえずバネカット : 純正のバネを1〜3巻切ること。

・石田家 : ある部員のバイト先。セルシオ、インプレッサからレオ−ネまで何でも運転できるバイト。運転した車がほしくなる。

・日産 : 日産でのバイト。たいていタイヤを持ちかえってくる。

・コバルト : コバルトラインやその周辺を走ること。鹿や野ウサギにでくわす。鹿をはねた部員も。

・メーデーメーデー : K察を知らせる無線用語?過去に使った人間がいるがそいつは意味を知らない。(別にK察が来るところに行くわけではありません)

・レーシンググローブ : ホームセンターの革の作業手袋。Hランドをこれで走った部員はオフィシャルに怒られた。

・キッチンペーパー : キッチンペーパーを作業時のウエスに使う。

・12インチ : 軽自動車の12インチタイヤを履いて走ること。素敵な動きをする。

・インチダウン : S14シルビアなどに13インチタイヤを履かせること。

・Team Under Power : 135馬力以下の車の集まり。でもランエボより速い。

・社長(orゴッド) : いろいろなことを教えてくれるあるOBのこと。数々の伝説の持ち主。

・黒いスーパーラップ : 黒い鉄っちん風競技用ホイール。たいていの部員は鉄ホイールだと思っている。ホイールキャップの取り付けも可。

・サイバー自動車部 : コンピューターチューニングを詠ったPC所有者。本当はパソコンゲームなどをする。

・大竹ごっこ : 国道4号線でマフラーやエアロを落とすこと。

・フクイる : 自信を持ってコースアウトすること。

・もえかす : 灰皿のこと。

・純正改 : 純正流用部品のこと。安くてできのいい部品がたくさんあるので学生と地球にやさしい。

・Hランド : Hな所ではなく、学校の近くにあるジャッキーチェンが走ったサーキット。たまに部員が走る。

・テスタロッサのレプリカ : 主に白い車のオーナーが助手席に欲しいらしい。

・タービンブロー : 【1】日常茶飯事なこと。(タービン6基、エンジン2基を壊した部員も) 【2】マフラーから白煙が出ていること。

・ガンダム貯金箱 : 下ネタ禁止令発動中に下ネタを言ったり、ガレージの前の道路でヒールトゥをしたときに罰金を入れる貯金箱。

・部販 : 顔見知りな所。オイルを買いに行く場所。

・198円スプレー : ホームセンターの安スプレー。車の外装に使う部員も。

・杉沢村 : 部員たちのアミューズメントパーク。毎週在庫が更新される。

・ファミコン、スーファミ : ガレージではやっているゲーム。

・教科書 : 最近作った自動車部の教科書。某車メーカーの協力で、基本作業編・エンジン編・シャーシ編・電装編・動力伝達編・中級編がある。これを基に座学講座や筆記試験が行われる。

・かろーら : カローラのエンジンを積んだレビトレ。実測値107.7psもある。

・多賀城工務店 : 部員の走りチーム。これに入るには、ステッカーホルダーの部員と勝負して勝たないといけない。

・耳・猫耳 : 部車等のエアインテークダクトのこと。

・ばねカット : ダックスフンドなどの車高短の犬。

・Sタイヤ・sタイヤ : 大文字のSタイヤは競技用のSタイヤ、小文字のsタイヤはスタッドレスタイヤ(大体ドリ車のリヤ)を指す。ちなみにアゼニスRT215は普通のラジアルと言い張る部員もいる。

・安オイル : ホームセンターの1L400円800円のオイル。またはF2やレッドラインなどの安オイルをそう呼んでいる。「F2は財布にやさしい」。

・自分合成オイル : 部分合成オイルが語源で、安オイルを混ぜて自分の好みの粘度などに調整する。「F2はオイル添加剤」という部員も。

・水タンク : 水を入れるタンクと廃車のウオッシャーモーターで、ラジエター、オイルクーラー、パワステ、オイルパン,ミッションケース…などに水を噴霧(噴射)して冷却させる部員の車。中には燃料ポンプで水を噴射させたり、エアコンを冷やす部員も。

・別荘 : 主に自宅から通う部員が、家に帰らずに多賀城在住の部員の家に泊まったりすること。ほとんど住んでる部員もいる。

・R32スカイライン : 白いくすんだ車。

・バンタイヤ : 商用タイヤでドリフトをする部員がいる。タイヤは減らないけど煙が出ないのが悩みだとか。

・第○サティアン : 部員が多く集まる家の呼び方。○に番号が入って区別している。

・「純正だって」「普通だって」 : 純正ルックの車。ぱっと見て普通の兄ちゃんの普通の車だが、実は結構インチキしている車。ガソリンスタンドやディーラーマンがエンジンルームを見て青ざめた車もある。

・「金が無いから車を乗り換え」 : 車検代がないので次々と車検の残っている車にヤドカリをすること。

・See You Today : 夜中まで遊んでいた時のあいさつ。

・「よろしくですわ」 : 「よろしく」の代わりに使う言葉。部員のノリがよい時の合言葉でもある。つっこむ時は「よろしくですわ。えっ!?」と返す。

・チョとる : こうしたい、ああしなきゃ、と思ったら、誰にも相談せずに真っ直ぐ突き進む事。大抵、落ち度がある。本人は良かれと思ってやっているだけに、かえってタチが悪い。

・64、PS2 : スーファミからシフトした主力ゲーム機。PS3や箱○を持ち込む部員もいた。

・ToOH : 部員の走りチーム。Team over One Hundredの略。コンセプトは「パワーウェイトレシオがなんだ!」。チームカラーはダークグレーにピンク。ツナギのサイズは5L。

・腐海 : とある部員の住居(だった)。ゴーヤーが二日で腐った伝説の冷蔵庫や、一万匹の小さな同居人が存在した(らしい)。大掃除の時の遅刻者への最上級の罰ゲームに、ここの掃除があった。 最近お引越しした模様。 ちなみに、新管理人自身は足を踏み入れたことが無いのでどのような状況だったかは想像ができません。

・ジムカーナ : 当サークルのメイン競技の一つ。パイロンが無数に乱設された駐車場コースや、規制パイロンで仕切られたミニサーキットで行うタイムトライアルのこと。約1〜1分半のコースを一台ずつ二本(まれに三本の場合も)走り、その早いほうのタイムを競う(のが主流?)。競技時間は短いが、加速、減速、シフトチェンジにライン取り、サイドターンにドリフトと、車の運転技術が凝縮されているといっての過言ではない(はず)。

・ドリフト : ここ十年近くでいっきに知名度を上げてきた、もうひとつの当サークルメイン競技の一つ。わざとグリップ力を超す力(加速or減速or慣性)をタイヤに与えオーバーステア状態を作り、タイヤを空転させながら、コーナーに対して進行方向とは別の方向(大抵内側か?)を向いてクリアしていく走り方。そのスピードや角度、煙の量に車の破損具合等も得点に加算されることがあるパフォーマンス性の高い競技。車やタイヤ、路面の限界を常に読み取れていないと、うまく走ることは難しい。

・フィギュア : けっして一部愛好家のお人形のことではない。そして氷上を滑走するわけでもない。スピードよりも運転技術を競うもので、ジムカーナやダートトライアルとは性格が異なる。旋回スペースぎりぎりの範囲での車庫入れや方向転換、車幅ギリギリの狭路、切り返さないと先へ進めないようなスラロームといったような難コースをクリアしていくもので、車幅感覚や4つのタイヤの位置を如何に掴んでいるかといった技術が高い次元で求められる。当サークルでは駐車のほかに、指定されたタイヤで指定された場所を踏むセクションも取り入れられている。 たまに突発で部内フィギュア大会が開催されることがある。

・ダートトライアル : 部車の破損率が66.6%を超える危険な競技・・・・・・・というわけではないが、ロールバーの耐久実験が頻繁に行われる競技ではある。しかし私が知る限りでは、毎回なぜかドライバーは無傷で生還している。競技の進行はジムカーナに似ており、未舗装路版のジムカーナのようなもの。スピードレンジが高く、パイロンが少ないのが特徴。グリップ力の低い路面を走るため、よりシビアなアクセルワーク、ステアリングワークが求められる。

・新車 : 走行距離が10万km以下の車。または、まだ税金が高くなっていない車のこと。10万kmでならし運転が終了すると信じている部員も存在する。

・最新鋭 : 最近入荷しだした新車のこと。大抵10年は遅れてやってくる。ex)最新鋭戦闘機=S15・R34・GDB・BE5・DC5etc

・永久ドーナッツ : 某タイヤメーカーの新技術。「石○タイヤはスリックになってから本領を発揮する。」

・長老 : ヘタな学校の職員よりも長くいるため、目の上のたんこぶ的存在。部員からも・・・・・・・・・?

・仙人 : いまだかつて誰もたどりついたことのない、自動車部員の境地。10年以上ガレージに住み着いているとなれるとのうわさも。

・ミラゲコ : ミラージュ下剋上の略。今は亡き部車のミラージュアスティ(AT)を使い、全員で同じコースをタイムアタックする。大まかな車の条件は同じのため、純粋に部員同士のガチンコバトルを楽しめる。管理人の記憶が正しければ、過去に景品としてティッシュ5箱、自作高クオリティーステッカー3枚が提供されたはず。

・トレゲコ : トレノ下剋上の略。現在サザンに置きっぱのAE111スプリンタートレノ(MT換装)を使い(ry  練習走行会での初開催にて、下剋上の名に恥じず、当時の一年生が最速タイムだった模様。

・GK : マフラーの寿命お伝え人。これがマフラーの出口から見えると、そのマフラーは近々昇天する。GKが見えたら、挨拶をするのが一般的。

・主将 : 歴史を繰り返す伝説の役職。

・ホヤ : 脊索動物門尾索動物亜門ホヤ綱に属する海産動物の総称。脊椎動物の発生・進化のカギを握るかもな生物。これらを贈呈すると単位がもらえるという伝説がある。ex name:マイケル、ロビンソン、ブロンソンetc

・一品堂 : 近所にあるラーメン屋。部員たちの憩いの場となっており、ラーメンと水で3時間以上ねばるのは当たり前。仙台っこ系のお味。二杯までライス無料なのが学生の財布に優しい。ToOHは「固め・濃いめ・多め」

・デロリアン : 未来や過去へいくスーパーカー。または常軌を逸したキャンバーがついた車。酷い時はタイヤだけが未来へ転がっていく。ホイールナットは過去へ置いてくる。

・デロる : 車がデロリアンになること。大抵はホイールナットの増し締め忘れが原因。

・ももステ : 太ももでステアリングを操作すること。運転中に両手が塞がってしまった時に使用する奥義。上級者はR4号でももステしながら弁当を食べる。

・雪道安全運転講習会 : OJG、ZO、GTK等で行う、冬の恒例行事。雪道を安全かつ大胆に走行する練習。油断しているとホイールがスピンし続け、150km/h(メーター読み)でることも!(実際は30km/hぐらい)

・ゲームキューブ : 64に変わって主力になったゲーム機。

・半TEC : 可変バルブタイミング・リフト機構が経年劣化などで半分しか機能しなくなってしまったVTECの俗称。MIVECだと半VECになる。

・無いTEC : 可変バルブタイミング・リフト機構が完全に機能しなくなったVTECエンジン、もしくはVTEC未搭載の下位グレードモデルのエンジンなどの俗称。こちらもMIVECだと無いVECになる。

・TGUTMCダブリーズ : 学校より選ばれし者、高額学費納入者達によるレーシングチーム。喫煙者率が高い。全員が長老候補。

・S14シルビア後期 : 当時の現役部員のドリ車がほとんどこのクルマという、部内でブームが巻き起こっていた車種。年式と一般層に人気が無かったため?かなぜか部員に大人気。同車種同士でパーツの流用が利くなど、メリットたくさん。この項目を追加した2012/04/23時点で3台。

・R2D2 : 掃除機。なんのへんてつもない、掃除間機。いつのにかそんな呼ばれ方をしている。

・野獣パイセン : 主にグラベル(獣道)を走る飲み会番長。この人に逆らうと生きていけない。

・新人類 : 自分より身長or股下の短い奴は誰であろうと「オールドタイプ」と呼び蔑む後輩。3リッター、ツインターボ、4WD、この条件にあらずんばすべてNA(ノット・オートモービルの意)と言っている。

・ずんだ : 神の足。黄色いナンバーを付けているがサザンでR32GT-Rをあおり散らすぞ!

・痛車 : これに乗ってるとダブる。悪いことは言わない、やめておけ。

・石油王、ししょー : 誰が呼び始めたかは定かでないが、部員きっての大金持ち。庶民の暮らしに憧れており、カップラーメンを愛食している。テント張り(意味深)の師匠でもある。

・ス○ルの四駆 : 高速から悪路まで、すべてのタイヤにいつでも駆動力を・・・のスローガンのもとに制作された、シンメトリカルAWD搭載車。 呪われている(ドラクエ的な意味で)。

・アトリエステッカー : 超常の力を秘めたステッカー。 貼ると5馬力UPする。 呪われている(ドラクエ的な意味で)。

・娯楽部 : ガレージ居住性向上委員会。 整備以外の時間を如何に快適に過ごすかの研究に余念がない団体。

 

inserted by FC2 system